Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs東京V】堀孝史監督(東京V)記者会見コメント「守備をする時間が長かった中、選手が非常に頑張ってくれた」

■明治安田生命J2リーグ 第37節
11月3日(水)山形 1-2 東京V(14:03KICK OFF/NDスタ/5,704人)
得点者:27’小池純輝(東京V)41’佐藤凌我(東京V)71’ヴィニシウスアラウージョ(山形)
———-
〇堀孝史監督(東京V)
前半に自分たちの狙っていた部分を出せ、ゴールを挙げることができました。そこから山形さんも非常に力のあるチームなので、守備をする時間が長かった中、選手が非常に頑張ってくれたと思います。
攻撃面をもう少し出したいところですけれども、相手がありますし、今日は選手たちに頑張ってくれたことを嬉しく思います。
 
Q:相手の中盤の2枚に対して、梶川選手と加藤選手の抑える動きがかなり利いていたと思いますが、中盤の守備のタスクとして彼らにどのようなことを伝えていたのでしょうか。

山形さんの攻撃を分析する中で、どこがポイントになるかを伝えた中で、彼ら2人にそこをしっかりと制限を加えることをやってくれたとも思います。
 
Q:前半の大きな分岐点となったPKのジャッジですが、レフェリーから両監督に説明があったと思います。あれはどういった説明を受けたのでしょうか。

「レフェリーが笛を吹いてPKだということを言った、なのでPKです」ということを伝えられました。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ