Dio-maga(ディオマガ)

汰木康也「前の選手を走らせるという共通の意図を持ってできた」瀬川和樹「もっといいプレー、もっといい崩しをやっていきたい」【山形vs愛媛】試合後の選手コメント

■2017明治安田生命J2リーグ第39節
10月29日(日)山形 2-2 愛媛(16:03KICK OFF/NDスタ/3,707人)
得点者:57′ 阪野豊史(山形)58′ 汰木康也(山形)61′ 近藤貴司(愛媛)90’+5 西田剛(愛媛)
———-
○汰木康也選手
(共同インタビュー)
Q:試合内容を振り返って。
「ピッチがああいう状態だったので、いつもどおり繋いでというよりは、前線の選手が走ってそこにシンプルに入れていくということをみんなで共有して入りました。1試合通してチームとして、前の選手を走らせるという共通の意図を持ってできたかなと思うし、その部分で試合を通して自分たちのペースでできたかなと思います」

Q:監督が会見で、今日の汰木選手は監督が求めていることを体現してくれたと言っていました。今日の自分のプレーについては?
「ゴールシーンについて言えば、ずっと練習してきた形で理想どおり点が入って良かったと思うんですが、その後、失点した後に相手ペースになった時に、運動量も落ちちゃったし、自分のプレーの質も、個人もチームもちょっと下がってしまったかなと。そういうところでもう1点、2点取るチャンスはあったと思います。突き放して、相手のメンタルを折るような。1点2点で満足するのではなくて、突き放して楽にゲームを進めることができればなと思ったのですが」

(残り 4304文字/全文: 4877文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ