Dio-maga(ディオマガ)

【甲府vs山形】石崎信弘監督(山形)記者会見コメント「口酸っぱくして言ったんですけど、今日はゲームの入り方に大きな原因があった」(1504文字)

■2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ第12節
5月16日(土)甲府 2-0 山形(14:04KICK OFF/中銀スタ/9,159人)
得点者:12′ 阿部拓馬(甲府)、29′ バレー(甲府)
公式記録(山形公式)
————-
●石崎信弘監督(山形)
「まず対戦相手の甲府が、監督が代わって気持ちも新たにやってくるというところで、その試合への臨み方というところと、ここのところずっとゲームが続いて緊張している中で今週1週間空いて、休みができて今日のゲームというところで、かなりそこらへん口酸っぱくして言ったんですけど、今日はゲームの入り方というところに大きな原因があったんじゃないかなと思います。

対戦相手はバレー選手が前にいて、彼に当ててくるボールに対してまず競り負けないというところと、今日はほとんどそこのセカンドボールというところが拾えなくて相手のリズムになってしまったというところで失点してしまった。大変残念な結果になったんじゃないかなと。ただ後半、ロメロ フランクに代えて川西を入れて、バイタルは結構使えてたので、川西を入れていいリズムになったと思ったんですけど、やはりなかなかそこから崩しきれないというところで、試合の臨み方というところと、試合の入り方というところと、こういう対戦相手に対してどう戦っていくかという、それはずっと課題としてあるんですけど、そういうところをですね、選手とコミュニケーションを取りながら改善していかなければいけないんじゃないかなと。

(残り 989文字/全文: 1626文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ