Dio-maga(ディオマガ)

【山形vs湘南】選手コメント(山形):「試合に出て活躍したいという思いはあった」ロメロ フランク選手、松岡亮輔選手、舩津徹也選手、當間建文選手(2166文字)

■2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ第4節
4月4日(土)山形 1-2 湘南(14:00KICK OFF/NDスタ/7,321人)
9′ 高山薫(湘南)、25′ 藤田征也(湘南)、45+2′ ロメロ フランク(山形)
公式記録はモンテディオ山形公式サイトをご覧ください
————————————
●DF 17 當間建文選手

Q:風の影響はあった?
「前半は、クリアボールが風で飛ばされたことがありましたけど、後半は同じ条件だったし、フィフティフィフティだったと思います」

Q:ミスからの失点があり、そこからリズムがつかめなかったように見えました。
「まあ、起きたことは反省すべきだと思うので。後半は負ける試合ではなかったと思うし、後半のように、前半の最初から持っていけるように取り組みたいと思います」

Q:後半少し良くなった要因は?
「いい局面でボールが奪える、シュートまでやりきれる。チャンスもあったわけですし。前半の終わり際からですけど、そういうのを続けていきたいと思います。腰はもう大丈夫。また、勝ちに向かってがんばります」

●MF 24 ロメロ フランク選手:
「(ゴールシーンは)とりあえずセンタリング気味に上げようと思ったんですけど、相手にうまく当たったので良かったと思います。決定機は作ったと思いますが、あと一歩のところでもう1点が取れなかったと思います。(原因としては)シュートの精度や質という所だと思います」

Q:安易なミスから失点したことは、前目の選手としてどんな気持ちでしたか?
「1点目はコミュニケーションだと思います。前半は全体的に下がり過ぎたと思うんですけど、風の影響もあってラインが下がってしまったので、もうちょっと前に前に行かなきゃいけないと思います。もっとシュートを打たせない、パスを出させない距離まで寄せないといけないと思います」

Q:お互いに昇格組というところで意識したことは?
「そこは別に。しっかり自分たちで、気持ちで負けない事を意識して試合に臨みました」

Q:怪我で出遅れましたが、この試合に懸ける思いもあったと思います。
「そうですね。開幕は怪我で出遅れましたが、試合に出て活躍したいという思いはあって、今日は途中交代されましたが、満足出来ない結果です」

Q:途中交代でピッチを去る時もうなだれていました。
「それは監督が決めたことなので、何も言えないです」

Q:満足できないのは勝敗ですか?
「それもありますし、自分もまだやれたと思います」

Q:次は90分フルで?
「そうですね」

Q:川西翔太選手が怪我で、そのポジションに入りましたが。
「そこは特に何もないですね。自分の事をやろうと思いました」

●MF 7 松岡亮輔選手:
「立ち上がりは球際や1対1の出足の速さ。全てにおいて相手が上回っていたと思います。お互いにルーズボールのところでどちらが早く反応できるか、それに対してみんなが連動できているかとか、そういう所が僕達の特徴なんですけど、非常に相手の方が上回っていたと思います」

Q:奪った後に横パスやバックパスが多くてもう少し早く攻められたら良かった?
「その通りだと思います」

Q:前にボールを運ぶ意識を持ちたかった?
「そうですね。それにはやっぱりボールを持った人の周りが、そういうアクションを起こすというのが一つだし、もう一つはボールを持っている人は、動きがなくてもミスをしない事。後ろに逃げるパスをしない。両方あると思います」

Q:風下だった前半の影響は?
「ありましたよ。でも、そういう風に対してどういうアクションをするかと言うところで、相手の方が優れていたと思います。出足や反応の所で裏を狙ってて、こっちがボールをクリアできていない所を素早く拾われて、2次攻撃3次攻撃というところですね」

●DF 2 舩津徹也選手:
「立ち上がりは前に行けなくて、こぼれ球とかもほとんど拾われていましたし、相手の方が勢いがあって、それを受けてしまう形になってしまいました」

Q:風の影響はどれだけありましたか?
「風もある程度は影響ありましたけど、思った以上にボールが伸びてこなかったりとかして、クリアミスになることも自分の所であったので、そういう影響はありましたけど、それよりも全体でちょっと受けてしまった事の方が強かったと思います。もっと自分たちもシンプルに裏に行っても良かったんじゃないかなと思います。相手の戻りも早かったですし、それに対して足元足元ってなってしまった部分もあると思います」

Q:もう少しシンプルに縦に出したほうがいい?
「そうですね。前半、監督からもすぐにありましたけど、もっと前に前に行けと言われていたので、そういう部分では、チームとしてもっと意識したほうがいいですね。意識していたのかもしれないですけど、始めはもっとシンプルにやって良かったと思います」

Q:逆に後半に持ち直せたのは?
「ザキさん(山﨑雅人)はザキさんで良さがありますけど、(林)陵平に変わってからボールを持てる選手が入ったので、そういう部分では溜めが作れて、周りが上がる時間が出来たのはあると思います。溜めてくれるんで、その分上がっていけるというのはありました。前半特にシーソーゲームみたいに行ったり来たりになってしまったので、ちょっと上がる時間が無かったのもあります」

Q:同じ昇格組に競り負ける形になりましたが。
「やることは変わらないんですが、今日あったような1失点目はミスからですし、やってはいけないことなので、そのミスを少なくしていければ、もっと拮抗した試合になりましたし、前半1-1で折り返したら全然違う試合になっていたと思うので、そういう部分では、ミスを少なくすることと、始めはシンプルにしていくことが大事だと思います」

以上

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ