浦レポ by 浦和フットボール通信

エカニット・パンヤ「もっと自分からボールに関わっていく所を多く出していけば、チームを助けられたんじゃないかと思う」【7/9練習後のコメント】

エカニット・パンヤ選手

(湘南戦は悔しい敗戦となったが)

この前の試合は悔しい敗戦だったので、2日経って練習が始まっているので、前を向くしかないと思っています。前回の試合の悪い所は映像をみながらチームで良い改善が出来ればと思っています。

(去年の方が生き生きしている感じがあるが、もどかしい所もあるか)

去年と比べて今年はチャンスが少ないので、自分を見せられるところがないので、そのように映ってしまうかもしれないですけど、今年も去年同様に、毎日の練習でハードワークをして良いパフォーマンスをして試合に向ける準備をしています。

(湘南戦でウイングをプレーしてみての改善点はどう感じたか)

(残り 429文字/全文: 716文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ