浦レポ by 浦和フットボール通信

武田英寿「湘南戦は何をしてでも勝つべきだった 最後に勝ち切れれば、また違ったゲームになった」【7/9練習後のコメント】

武田英寿選手

(右と左のワイドをやって、インサイドハーフもやったり、幅広くプレーをしていると思うが、どんな意識でやっているのか)

どっちも中に入りながらプレーしようと思っていることは、どっちのポジションでもそうなんですけど、右だったらカットインしてクロスだとか、シュートをイメージして、左だったら多少外に張ってでもクロス上げたり、キックを生かすところで、縦に抜けてそのままクロスを上げたりとかっていうのは意識しています。横に行くか、縦に行くかというのは変えています。

(ウインガータイプの選手ではないので、最適解はインサイドハーフだと思うが、自分の中ではどのポジションがやりやすいか)

今はある程度、ウイングの選手が中に入ってプレーしたり、選手も個人個人によって監督が求めているものが変わってきて、そのプレーを中に入って出せるようになってきているので、どこがということは、そんなにないですけど、左よりも右の方が景色は良いというのはありますね。

(左利きだから中で持ち込んでシュートを打てるというメリットをもっと出したいか)

湘南戦はボールを触る位置が低かったんで、それは仕方ない所もあったんですけど、一番はゴールの前で、内側を向ければ良いなというのがありますね。

(後ろの石原選手との関係性を磨いていく必要もある)

(残り 1504文字/全文: 2054文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ