浦レポ by 浦和フットボール通信

渡邊凌磨「チームの意思統一だけで、僕は防げたと思っている チャントが歌われたのは嬉しかった」【7/9練習後のコメント】

渡邊凌磨選手

(逆転ゴールに繋がったアシストは自分で運んでからのアシストだったが)

試合を通して何回か消極的ってわけじゃないけど、味方を信じすぎていて、味方を使おうとして取られた場面があったんで、自分で行った方がいいなっていう感覚が頭にあって、それがああいう結果に結びついたのは良かったと思います。

(その後、逆転されてしまって試合後すごく悔しそうな表情だったと思うが、個人の結果が出ている一方で、チームの成績がついてこないというギャップはどう感じているか)

自分が点を取ったりとか、アシストしたりとかは、あまり関係なくて、ああいう負け方はすごい良くないし、あんなことはもうありえない。これから先もあっちゃいけない。チームの意思統一だけで、僕は防げたと思っているんで、そういうところなのかなと思います。

(残り20分で感じていた、それまでの逆転するぞという前重心から、試合をどう締めようかっていうところの意識に変化させていたと思うんですけど、中で感じていたギャップはどう感じていたのか)

(残り 756文字/全文: 1194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ