浦レポ by 浦和フットボール通信

二田理央「高校の時から興梠さんのプレーを参考にしていたので一緒にプレー出来て嬉しい 熱い応援のある埼スタのピッチに早く立ちたい」【加入会見全文レポ】

オーストラリアのザンクト・ぺルテンから加入が発表された二田理央選手の加入会見が大原練習場で行われた。その模様を全文レポでお送りします。

(浦和に来るにあたって、自分なりにどういう思いで来たのか)

日本でもアジアでもビッグクラブだというのは、日本にいたら誰もが聞いたことのある浦和レッズという名前で、そこに入れるということで、すごい嬉しかったですし、より責任をもってプレーをしないといけないと思いました。

(ヨーロッパに残る選択肢もなかったのか)

もちろんあったんですけど、向こうのチーム状況だったり、色々なことを考えて、自分も常に上のレベルでトレーニング、試合もプレーしたいと思っていたんでm浦和レッズに入ることを決めました。

(自身のセールスポイントを教えてください)

自分は点を決めるところだったり、本当にハードワークをして、背後に抜けるアクションだったり、自分は誰よりも戦うことを意識してプレーしようと思ってます。

(今の浦和のシステムだったら、一番どこが自分に合うと思うか)

自分はFWで一番ゴールから近いポジションでゴールを狙っていきたいと思っています。

(実際に浦和で練習をして試合もご覧になったと思います、印象はいかがですか)

(残り 4314文字/全文: 4825文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ