浦レポ by 浦和フットボール通信

ヘグモ監督がC大阪攻略のために挙げたポイントとは

(Report by 河合貴子)

鬼門を打ち破れ

「非常に質の高い練習ができている」とヘグモ監督は、C大阪戦に向けた木曜日の定例会見で満足そうに話していた。インターナショナルマッチウィークの中断期間が、代表でグスタフソン選手や大畑歩夢選手が不在となっていたが浦和にとっては有意義な時間になったようだ。

過密スケジュールで蓄積されていた疲労が心身ともにリフレッシュできたことも大きいが、チームの完成度を上げるために細かいディテールにこだわり練習に取り組むことができたが一番だろう。

そして、オフの自主トレで原口元気選手が古巣に戻り練習参加をし、既存の選手たちに多大な刺激を与えてくれたことも質の高い練習につながった要因の1つになっていた。

「元気(原口選手)のような選手が練習に入ると、2つの側面が見える。一つは元気の高いクオリティを見ることができるということと、元気を基準にして、浦和の選手もよくなってきているということを感じることができる」とニヤリと笑った。

東京国際大学との練習試合後のオフ明けに2日間連続公開された練習では、後方から攻撃の組み立てでいかに数的優位をつくりゴール前まで侵入しシュートを放つ共通意識を求められていた。その一方、裏を返せば守備側は数的不利な状況で連動してプレスを掛け、ボールを奪う、パスコースを切る、シュートブロックに入るなどが求めてられていた。

(残り 1124文字/全文: 1705文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ