浦レポ by 浦和フットボール通信

原口元気、宇賀神、関根、堀内、武田が参加した居残りシュート練習に心が躍った【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

一足早い真夏日となった練習後のことである。炎天下でハードワークした選手たちは、もうバテバテの状況であった。疲れ切った重たい身体を引きずるようにクラブハウスへと引き上げていく選手たちがいる中、なんと居残り練習でスキルアップを図る選手たちがいた。佐藤瑶大選手はロングフィードなどに取り組んでいたが、一際目についたのは池田コーチの下で行われたシュート練習であった。

(残り 263文字/全文: 533文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ