浦レポ by 浦和フットボール通信

内舘秀樹アカデミーダイレクターロングインタビュー「アカデミーもアジアナンバーワンになるために環境、設備も整備する必要がある 松井大輔さんコーチ起用の狙いと効果は?」【プレミア記事】

地元浦和出身で、浦和北高校から仙台大学を経て、1996年に浦和レッズに加入。現役時代は守備的ミッドフィールダーとして活躍した内舘秀樹氏。引退後は浦和レッズアカデミーでのコーチを務めて、昨年から浦和レッズのアカデミーダイレクターに就任した。その内舘氏に、浦和レッズアカデミーの現状、そしてアカデミーとして目指すべき未来、夢についてお話を訊いた。
(interview by 河合貴子)

まずは環境面の整備が急務

――現実問題として、選手を獲得する競争が激化しています。

小学生から選手を獲得する部分が年々早くなっており、見極めが難しいです。保護者との付き合い方も難しい部分があります。厳しい環境で競争があるべきですが、保護者はエリートコースを期待しており、サッカークラブとしての厳しさを理解してもらうのが難しいです。

――浦和レッズの育成組織に入ったら将来はエリートコースに行けるという期待がありますか

そうですね。今の子供たちは過保護だと感じており、指導者や保護者が子供たちを守りすぎている面があります。海外では厳しい環境でサッカーを続けるための努力が必要ですが、日本ではその環境が整っていないため、世界で勝つことができるのか不安です。

――環境面についてはどうですか。

環境面も変えていきたいですね。「アカデミーをアジアナンバー1に」と言うわりには、アカデミーのクラブハウスがなく、子供たちも外で着替えたり、シャワーも浴びられない現状です。しかし、環境は徐々に良くなっており、グラウンドの人工芝を張り替えたり、クラブハウスも立ち上げたいという提案をしています。

――アカデミーの拠点は与野八王子グラウンドですね。

そうです。平日は与野八王子グラウンドで活動しており、そこの環境をもっと良くしていこうとクラブ内で話し合っています。ようやくそのようなことにもクラブ内でも目が向くようになってきています。

――環境面は選手を獲得する上で、選び基準になるのでしょうか?

(残り 4811文字/全文: 5629文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ