浦レポ by 浦和フットボール通信

安居海渡「翔哉君が縛られないで自由にやっている感覚だったので、自分もそのポジションでやってみようかなっていう考えが持てたのが良かった」【6/10練習後のコメント】

安居海渡選手

(なかなか試合に出られない中から出られるようになったが)

積み上げてきたものが徐々に認められたという感じですね。

(いきなり去年スタメンで出ていたのに、ベンチ外で何が足りないのかと監督に聞きに行ったりもしたのか)

面談はあったので、そこで大体自分から分かんないことを聞いて、答えをもらったんで、それぐらいでしか会話はしてないんですけど、最初の監督が設定する役割に対して、技術だったり、思考能力が足りないのかなと思って、外されたんじゃないかなと思っていたんで、最初の方はスタートにはいたんで、徐々に徐々に下の方になっていたので、他の選手も動きを見てはいましたね。

(そこでヒントとかこうすれば良いということがあったのか)

(残り 1683文字/全文: 1994文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ