浦レポ by 浦和フットボール通信

高橋はな「リーグ3連覇を目指せるのは私たちだけ。去年、悔しい思いをしたリークカップと皇后杯を獲りにいきたい。アジアも獲りにいく」【WEアウォーズでのコメント】

高橋はな選手

(怪我がなければフル稼働したい思いが強かったと思うが、今シーズンを振り返ると)

怪我をしてしまい、リーグ戦にほとんど出場できず、チームに対する申し訳なさの気持ちが強い。そのなかチームのみんなが頑張ってくれて勝ちを積み重ねてくれたと思っている。

(そのなか、昨シーズンと比べて進化した部分は)

サッカーでのベースは大きく変わっていない。精度が高まり、元々の武器だった攻撃力の意識がよりゴールに向いた。それが得点数にもつながっているし、個人的には(清家)貴子が大爆発をしてくれたので、そこも力になった。攻守において色々な部分が積み上がったと思う。(猶本)光さん、(安藤)梢さんが怪我をしてしまったことは悲しい出来事だったがチームとして一層気が引き締まった。あとはやらなければという選手が増えた。それに加え、2人がいないからこそできるサッカーもあったと思うので幅が広がったと思っている。

(2人がいなくなって勝てなくなるのも悔しいし、いなくなったことでモチベーションの矢印も良い方に向いたのか)

(残り 1100文字/全文: 1546文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ