浦レポ by 浦和フットボール通信

佐々木繭がマイナビ仙台レディースへ完全移籍「いつも圧倒的なサポートをありがとうございました。みなさんと共に戦い魂を揺さぶられることが沢山ありました。本当にありがとうございました」

佐々木繭選手がマイナビ仙台レディースへ完全移籍することになったことを浦和レッズが発表した。

佐々木選手コメント

このたび、三菱重工浦和レッズレディースを契約満了となりマイナビ仙台レディースへ移籍することになりました。

2018年。浦和への移籍は、人生で1番悩んで決めたことでした。不安もありましたが、最強で最高な選手、スタッフ、ファン・サポーターの方々、そしてパートナー企業のみなさまのお陰でとても充実した6年5ヶ月でした。

2年前の怪我以降は、なかなか自分のプレーを取り戻すことができず、チームに貢献することは少なくなってしまいましたが、その中でも素晴らしいチームメイトから学ぶことはとても多く、どんどんこのチームが大好きになっていったのでみんなと離れるのは寂しいです。

育成出身者でもなく代表での実績もない私が、浦和を背負い戦えたことは本当に運が良く幸せなことだったと思っています。

ファン、サポーターのみなさん。
いつも圧倒的なサポートをありがとうございました。みなさんと共に戦い魂を揺さぶられることが沢山ありました。本当にありがとうございました。

勤務先であるレッズランドのみなさんには、WEリーグになってからも”繋がり”を大切にしたいという私の意思を尊重していただき本当に感謝しています。
レッズランドを通して沢山の方と出会うことができました。

これからも浦和での出会いや経験を活かし、自分らしく歩んでいきます。

最終節で直接ご挨拶ができませんでしたが、また自分らしいプレーをみなさんにピッチで見せたいと思います。

6シーズンもの長い間、ありがとうございました。
みんな大好きだよー!
We are REDS!

【選手名】佐々木繭(ささき・まゆ)
【生年月日】1993年1月12日生まれ
【出身地】神奈川県相模原市出身
【身長/体重】160cm/50kg
【サッカー歴】藤野FC2000 → 相模原SCコプリス→ 日テレ・メニーナ→ 聖和学園高校→ 武蔵丘短期大学→マイナビベガルタ仙台レディース(2013) → 浦和レッズレディース(2018) → 三菱重工浦和レッズレディース(2021)

【レッズレディースでの獲得タイトル】
トップリーグ3回(なでしこリーグ1回2020/WEリーグ2回2022-23、2023?24)
リーグカップ1回(WEリーグカップ2022-23)
皇后杯1回(2021-22)
AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament 1回(2023-24)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ