浦レポ by 浦和フットボール通信

渡邊凌磨「どのチームにも回せる、前進できるという所はチーム全体でも感じてきている」【5/29練習後のコメント】

渡邊凌磨選手

(町田戦は相手のやり方、プレスの掛け方に途中から慣れていった感じがあったが)

プレスうんぬんとよりかは、こちらがどっちに行っても前に蹴ってくるからあまり行き方の所は覚えてないですけど、相手がロングボールを蹴ってくるタイミングは、自分自身でも練習していたんで、そんなに苦しめられたっていう感じはないです。

(一番問題なのは、そのアタッキングサードに入ってきたところからの崩しの所なのかなと思うが、あれだけポゼションしていて、なかなか崩しきれないことはどう感じているか)

点が取れてない所で言うと、そういう所になってくると思うんですけど、あのような所に侵入していく数を増やしていくのは大事だと思うので、その回数を増やしていければ、ゴールにも結びつくんじゃないかと思います。

(連戦で、疲労も溜まっていたと思うが、渡邊選手もコンディション的にきつかったのでは)

(残り 1390文字/全文: 1769文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ