浦レポ by 浦和フットボール通信

黒田剛「慣れ親しんだ埼スタだったが、これだけのレッズサポーターに囲まれるとすごく迫力が違うなという印象を受けた」【町田戦 監督コメント】

黒田剛監督

今日はまず入りから浦和さんの圧倒的なサポーターのパワー、力というものが必ず選手に乗り移り、そこに屈することがあれば、もうひとたまりもないということで、選手たちを振り立たせて入れたというところもありますし、また今、首位ではありますけれどもこれを維持しようとか、または今日弱気になって戦うということは、一気に先頭集団が団子状態になるということも踏まえて、平凡なチームにはなりたくないと、ここでやっぱりもう一つ力をつけて強さを発揮していくことがこれからの首位争いに大きく影響してくるということで、彼らにもそういった形で奮起させて入れました。あとは私の今日誕生日ということもあって、何よりも勝ち点3のプレゼントが欲しいということで、もう一盛り上がりをしてベンチから送り出したというような感じがありました。

前半からもたれるケースは十分多かったんですけれどもしっかりと基準を早く、それからゴール前、センターを空けないということで、クロス対応も含めて本当にパーフェクトにやってくれたなというような印象です。前半もそんなにピンチが多くなかったと思うので、むしろ町田のほうが決定的なチャンスを作っていたのかなというような印象であります。

勝ち急がず、取り急がず、しっかりとチャンスをもって、しっかりとみんなのベクトルを合わせて一気に畳みかけていこうというところもハーフタイムにもそういった選手たちにも言いましたけれども、ただじれずに最後まで粘り強くやっていければ最後に必ずいいことがあるということで、選手たちはそれをしっかりと信じてよく走ってくれたなと思います。

最後、決定的なチャンスが生まれて、ナ・サンホがしっかりと1対1のところで仕掛けて、相手の足を誘ったというところですれば、やっぱり経験がある選手だなと。スピードがあり、経験があり、そしてああいうところで肝心な仕事をする。さすがだなというような印象を受けました。最後は下田がPKをしっかりと蹴りこむという、まさに町田の総力戦であり、または一人一人の持ち味というものをしっかりと発揮して、なんとか今日の勝利をたぐりよせることができたのかなというふうに思います。

この埼玉スタジアムはもちろん青森山田時代から何回も高校サッカーの準決勝、決勝というステージでやらせていただいたし、レッズにいた武田英寿も教え子であり、一緒に戦った経験もありますけれども、そういったところで武田と敵ではありますけれども、同じピッチで試合ができるということもすごく考え深いものがあったし、すごく嬉しく思いました。

慣れ親しんだ埼スタだったのはありますけれども、これだけのレッズサポーターに囲まれるとすごく迫力が改めて違うなという印象も受けましたし、またはこういう環境でやらせていただいたことにしっかりと感謝するとともに、また次節に向けてもう一回、巻き直して頑張っていきたいなと思います。

(今日、下田選手が先発になって結局、最後までプレーしていて、最後PKも取りましたけれどもその起用による評価と、最後のPKのチョイスも含めてお願いします)

(残り 1772文字/全文: 3049文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ