浦レポ by 浦和フットボール通信

アレクサンダー・ショルツ「ゲームの境界線はどっちに行くか、五分五分なところだったので、最後は行くべきではなかったのかもしれない」【町田戦 選手コメント】

アレクサンダー・ショルツ選手

(最後は残念な結果でしたか、試合を振り返って)

チームはかなり闘いましたね。アディショナルタイムのPKは僕にとっては良くない審判の決断だったと思います。クリアーが明確ではなかったと思うんですけど、もしかしたらその通りだったのかもしれない。ゲームの境界線はどっちに行くか、五分五分なところだった。最後は自分がしっかりと責任を取らないといけなかったので、あそこは行くべきではなかったのかもしれません。

(ビルドアップも自由にさせてもらえなかったが、あそこまで徹底してきたチームとやってみてどうだったか)

(残り 544文字/全文: 805文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ