浦レポ by 浦和フットボール通信

岩尾憲「最後の失点はまだまだサッカー選手としても、人としても詰めていかないといけない部分が凝縮されていたシーンだった」【町田戦 選手コメント】

岩尾憲選手

(怪我からの復帰だったが、コンディションと今日の試合を振り返るとどうか)

ピッチに立つ以上は言い訳をする気はないんで、起きたことをしっかり受け止めて、自分自身に矢印を向けて、うまくいかなかったこと、いったことをしっかりと映像で確認をして、チームの力になれるような取り組みをしていきたいと思います。

(うまくいったこと、いかなかったことはどのあたりだったのか)

ポジショニングと、センターバックからボールを受けて前を向く所までは何回か良い形で受けられて、プラン通り、あまり重たくなりすぎないようにと言われていたので、そこでターンできるシーンが多々あったんですけど その後のプレー選択と味方との連携の所で、自分が思い描いているような形にならなかったので、そこはチームメイトとコミュニケーションをする必要があると思います。まずは背後を狙うべきだと思うし、背後が単純にゴールに近いので、そこを最初に僕も見たいし、見ているので、それがない時にテンポが遅れるということを感じているので、それであればそうじゃない方にチューニングを合わせるべきだと思いますし、スムーズさんという所はまだ改善出来ると思います。

(町田が長いボールを入れて陣地を取り戻すという所で、町田が4枚でプレスに行きながらも30分くらいから、浦和がリズムを取り戻したと思うが)

(残り 1573文字/全文: 2138文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ