浦レポ by 浦和フットボール通信

清家貴子「今できる女子の国内リーグの最高の形、完成形みたいなものが出来たと思っている」【東京NB戦 選手コメント】

清家貴子選手

(試合を振り返って)

前半は重かったというか、自分たちらしくなかったなというのがあって、最後のこれかあという感じはありましたけど(笑)後半を取り戻してきて、80分の時点で1点差でしたけど、絶対に追いつくだろうなと思ってました(笑)

(1点目は清家選手らしい形だったが)

あの形をこれまでは外していたんで、あれを決めきれるようになったのが成長かなと思います。

(最後に20点目となる同点ゴールを決めたが)

(残り 1166文字/全文: 1369文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ