浦レポ by 浦和フットボール通信

安居海渡「怖くない攻め方をしているというか、特にも何もないという感じだった もっと工夫しないといけない」【ルヴァン杯長崎戦 選手コメント】

安居海渡選手

(残念な試合になったが、現時点での感想は)

攻撃の仕方がないというか、ただ回しているだけで、相手もそれだけならという守備にされちゃうので、怖くない攻め方をしているというか、特にも何もないという感じでした。しかも一個一個で、飛ばしがないので、相手もスライドだけですんでしまうので、どこかで変化をつけてやらないといけないのかなと思います。

(その変化は安居選手がアンカーだったらどうしていきたいか)

(残り 569文字/全文: 770文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ