浦レポ by 浦和フットボール通信

岩尾憲「点を獲られてから少し急ぎすぎてしまって、自分たちからバランスを崩してしまった」【ルヴァン杯長崎戦 選手コメント】

岩尾憲選手

どこで優位性を図るかということを形を変えながら、探りながらやっている部分はありますけど、一個飛ばしのパスだったり、各駅になってしまうと、どうしてもスライド間に合ってしまったりとか、コンパクトに保つことが簡単になってしまうので、構造を保ちながら、どこのタイミングで長いボールを入れるっていうのは、相手の4-4-2、なおかつスライドだったりとか、縦にコンパクトしてくる相手にとっては有効だと思うんですけど、じゃそれを誰がやるのかっていうところで、なかなか決断するシーンが生まれにくいのはあると思います。

(途中出場してから一個飛ばしのパスが岩尾選手から数多く出ていて、そこから組み立てていた印象だが)

(残り 792文字/全文: 1094文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ