浦レポ by 浦和フットボール通信

マティアス・ヘグモ監督「我々のポゼッション率が高くなるような試合で精度を高めていかないといけない」【ルヴァン杯長崎戦 監督コメント】

ペア・マティアス・ヘグモ監督

まず長崎さんには勝利をおめでとうございますと言いたいです。そして長旅で長崎まで来てくれたファンの皆さんにも感謝したいと思います。ポゼッション率は予想通りだったと思います。しかしビルドアップの精度が今日は十分ではなかったと思います。それで十分な数のチャンスを作ることができませんでした。もちろん点を獲るには十分なチャンスが後半はあったと思いますけど、磐田戦の後にも言いましたけど、我々のポゼッション率が高くなるような試合で精度を高めていかないといけないです。

後半のワンミスで失点して敗退となったことで選手たちは悔しいと思いますけど、これもサッカーです。そして長崎さんにはおめでとうございますと言いたいです。J2で上位にいる素晴らしいチームだと思います。本日は彼らの試合になりました。

我々にとっては宏樹のプレーが出来たことは良かったと思います。憲も復帰しました。そしてオラ・ソルバッケンも道のりは長かったですけど、やっと試合に出ることができました。カップ戦はノルウェーでも日本でも色々なことが起こる大会ですけど、今後良い仕事を続けていきたいと思います。まずは日曜日の試合にしっかりと集中して挑みたいと思います。しっかりと選手たちを回復させないといけないと思います。

(前半は右も左も同サイドの攻撃で終わってしまった印象があるが、これは浦和の問題だったのか長崎の守備が良かったのか)

(残り 882文字/全文: 1483文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ