浦レポ by 浦和フットボール通信

オラも高い練習ができていますし、憲とサミュエルも練習に合流している【マティアス・ヘグモ監督会見 全文レポ】

5月22日にアウェイで行われるルヴァンカップ長崎戦に向けてマティアス・ヘグモ監督のオンライン会見が行われた。この模様を全文レポートにてお送りします。

(昨日は勝ちきれなくてすごく残念だったんですけれども、引いた相手を崩すっていうところでの勇気あるくさびのパスとか、アタッキングサードに入ってから監督が求めていきたいところを教えていただけますか)

それが勇気の問題なのか、その読みの問題なのか、タイミングよく攻撃を仕掛けるという読みですね。試合の攻撃面ではかなり良くなってきていると思います。昨日の試合のように我々がボールを握って相手が引いて守るという試合は、今後も増えてくると思います。

例えば縦のプレーもそれが可能なときは我々も狙っています。だけど、リスクのある無理をするようなプレーではなく、はっきりとチャンスにつながるような形にしないといけません。磐田戦の前に、選手たちにはその前の2試合で7得点を決めていて、それ以外にもチャンスを作っているのは攻撃面がうまく機能しているからだという話をしました。後半に入ってよりオープンな展開になって相手がスペースを空け始めたところでチアゴや直輝のチャンスも生まれました。

選手たちには本日チャレンジを与えました。1つは、1-0にしたとき、相手が疲れてきている中でボールをしっかりキープすれば、相手をより疲れさせる流れに持っていくことができるという話をしました。簡単にそこで相手にボールを渡さないことが大事です。相手も点を取らないといけないから、前がかりになってそこで2点目、3点目を取るという流れに持っていくことができればと思います。

(残り 4680文字/全文: 5365文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ