浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作「GKとしては、ちょっとあれはさすがに難しかったかなというイメージと、何かが出来たかなというイメージも持っていきたい」【磐田戦 選手コメント】

西川周作選手

(ボールを保持する時間が長かったが、持たされているという印象を受けたが、試合全体を振り返っていかがですか)

こうなる展開は予想していたので、ボールを持てるというところで、持たされているというよりは、じれずにやっていこうというところは監督からもあって、今日はどこまでじれずにできるかというところは覚悟して入ろうと監督からあったので、想定内ではありましたね。

(ほとんど相手に決定機を作らせなかったが)

(残り 570文字/全文: 773文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ