浦レポ by 浦和フットボール通信

安居海渡「チアゴが落としてくれて本当に嬉しかった 迷いなく足を振るだけだった」【京都戦 選手コメント】

安居海渡選手

(相手が前線から激しくプレッシャーをかけながらボールサイドにスライドもすごく早かったが、そこをどうやって剥がしていこうというイメージだったか)

自分のイメージは自分のところに来られても怖くはなかったので、ワンタッチを使って相手を動かすというのが重要になってくると思っていたので、ボールが入ったときも自分が寄っていって、もらった時には前につけられるなら前につけるし、無理なら諦めて繋いで、また自分が動き直してという、こういう、どこにでも顔を出す動きは自分にとって得意なので、そういうところを意識して動いていたという感じです。

(安居選手の良さが攻守において出ていた)

良かったです。のびのびやれていたので。

(雨が降ってボールが滑りやすい所もやりやすかったか)

(残り 902文字/全文: 1233文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ