浦レポ by 浦和フットボール通信

ヘグモ監督が考える、京都に警戒する所と攻略のポイントは?

(Report by 河合貴子)

連戦を前に主力が続々復帰

「我々のマインドセットでは常に得点を狙うというものがある」とヘグモ監督は断言した。攻撃的でサッカーを目指してヘグモ監督の下で奮闘し続けている浦和が少しずつ、その形が見え始めてきている。

横浜FM戦でみせた伊藤敦樹選手のゴールなどは、選手たちの共通認識がしっかりと具現化した証であった。前節のアウェイ新潟戦では、4‐2で勝利をおさめ、今シーズン初の連勝を飾ることができた。ピッチの中でのオフ・ザ・ボールの動きが上手く噛み合ってきた印象を受ける。

ヘグモ監督も「最近の試合ではボールフォルダーの前の選手たちのランニングが増えていますので、非常によくなってきていると思う」と嬉しそうに話し手応えを感じていた。

ただ、ヘグモ監督が「この前は2試合連続で同じスタメンでプレーできた初めてのケースでした」と話すように、共通認識を高めチームの安定性を求めていくには、固定されたメンバーで試合をこなしながら完成度を上げていくのが一番手っ取り早い方法だ。

しかし、世界と対等に闘うためには、組織+個のスキルが重要になってくるし、Jリーグ優勝を狙うのであれば主力が怪我で欠場してしまったり、累積カードで出場停止になっても安定した闘いができなければならない。

(残り 999文字/全文: 1539文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ