浦レポ by 浦和フットボール通信

渡邊凌磨「ペナの中で撃ったやつとかは、絶対に決めなきゃいけない 攻撃から守備的な選手になっている分、そこは自分の仕事にも含まれてくる」【川崎戦 選手コメント】

渡邊凌磨選手

(2失点目はゴミス選手のキープしてからだったが、そこから川崎の選手の反応の方が早かったが、疲れみたいなものがあるのか)

いや、僕は特に感じてないですが、僕もチームの疲れはあまり感じてはないし、出たらやんないといけないから、疲れていたから負けたのでは通用しないので、もっとやらないといけないと思います。

(圧倒している時間とか、ボールが繋がっている時間があると思うんですけど、そこでなかなかシュート、得点に繋がっていかないのは何が足りないと思うか)

もちろん焦れずに繋ぐことは、ものすごい大事だと思うし、僕らがやっているサッカーとしては大事だと思いますけど、チームとして、どういう時にクロスが上がってくるのとか、どういう時に前線に抜け出すんだということを、どの選手が出てもこうやるというのを全員が意思統一しなきゃいけないかなっていうのは個人的に思っていて、後ろの選手はもうちょっとボールを回したいけど、前の選手は早くボール前に出してこいっていうのがあったりとか、そういうのもチームで共通の同じ描を見ないといけないのかなっていうのは個人的に思います。

(チアゴがからしたらクロスが欲しいのかなと思うが、上げる側からしたらタイミングが難しいということもあるか)

(残り 1501文字/全文: 2030文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ