浦レポ by 浦和フットボール通信

大久保智明「ウィングの僕らがきつい場面でも局面を変えなきゃいけないと思うし、そういう所でまず貢献しなきゃいけない」【4/15練習後のコメント】

大久保智明選手

(今日の練習では導入口で、プレスのはめ方、守備の連動性、サイドに出た時にウイングの選手がどこまで行って、どのようにスイッチして挟み込むのかと感じだったと思うが、そこをどう意識していたか)

本当に場面だと思っていて、ここは自分、ここはサイドバックとかではない話というか、去年、宏樹くんと敦樹と組んでいる時は、宏樹くんと試合中にずっと会話をし続けて、宏樹くんは経験のある選手でよく話していて、大舞台になったりすると、急に会話ができなくなったりするから、俺らだけでもずっと話していこうと。だからワンプレー終わって「今のどうだったね、こうだったね、今のは僕が出ます。いや、あれは俺が出るからいいよ。その時は内側に絞ってよ」と。だから練習うんぬんよりは、本当にどれだけ試合中にコミュニケーションが取れるかだと思うので、去年は、かなり取っていたという印象があるし、今も広教と組んだり、敦樹と組んだりしてる時に、会話をし続けているので、だからこそ直接的にやられることはないと思います。この間で言うと左サイドの部分は、コミュニケーションをとれれば、そんなに大きな問題ではなかったと思うし、ただクロスを上げさせた場面は、僕も戻っていましたけど、ボールにアタックしなきゃいけないなって個人的には思うし、そこにいたけど、相手の方の反応が早かったし、そういう細かい部分でやられているからこその確認の練習で、そういう練習をやらないと。コミュニケーションがとれば良くなるでしょうってのは一つあるんですけど、癖づけていかなきゃいけないと思っています。

(今日の練習でも宇賀神選手の駆け引きもすごかった)

(残り 1378文字/全文: 2069文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ