浦レポ by 浦和フットボール通信

池田咲紀子「良い相手の中で、自分自身も集中して入れてゼロで終われた所が全体の自信になった」【新潟L戦 選手コメント】

池田咲紀子選手

(立ち上がりは相手が守備をコンパクトにして、浦和のリズムが作りづらいような感じに見えたが、後ろからバランス的にはどうだったか)

めちゃくちゃやられている感じもなくて、早い時間に相手の狙いとかも選手全員で把握できた。どういうところが危ないよねとか、どういう風なプレーをやらせないようにしようっていうのがハーフタイムの段階で、みんな頭が整理されてましたし、もちろん良い相手なんで、簡単に今までの連戦みたいに、初めから早い時間に点を取ってっていうのは、できないだろうっていう気持ちでしたし、それでも自分たちがやりたいこととか、自分たちが自信を持ってやるっていうところを相手に突きつけるじゃないですけど、本当にガチンコで勝負するっていうところを、前半から後ろから見ていて、みんなやってくれていたんで、たぶん崩れて一瞬の隙で作られたピンチとかで自分がそこで仕事できるかっていうのが、この試合も大事なんじゃないかなと思って後ろから見てました。

(サッコらしく、本当に広い守備範囲を見せつけた試合だったんですけれども、あの飛び出すタイミングとかはどうだったか)

(残り 378文字/全文: 1332文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ