浦レポ by 浦和フットボール通信

伊藤敦樹「少し繋ぐことに執着して難しくした所があった もう少し何かできたかなと思う」【J開幕 広島戦後 選手コメント】

伊藤敦樹選手

(インサイドハーフでどのようにしたいと考えていたか)

もう少し降りても良かったと思いますけど、少し繋ぐことに執着して難しくした所があったというか、後半はもう少しそれをやろうということでしたけど、相手が入りはもっとくる中で、それでPKをとられてしまいましたし、もう少し高い所でボールを受けられるのが一番ですけど、そう簡単に受けられないのがJ1なので、もう少し何かできたかなと思いますけど、具体的に今、すぐは思い浮かばないですけど、やれることはあったのかなと思います。

(チアゴ選手が競り負けても相手に自由に拾わせない場面があって、それで前に行きたかったと思うが)

(残り 563文字/全文: 847文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ