浦レポ by 浦和フットボール通信

関根貴大「前に起点を作れるような工夫が僕たちができたらよかった」【J開幕 広島戦後 選手コメント】

関根貴大選手

(今日は左のウイングに入ったが)

コンビネーションしやすく、それぞれ良い形でコンビネーションできているからそれぞれがやりたい方向に行くというのも話して、最初は最初の形で行こうかという中で入ったので、松尾が右にいても左にいても縦に突破した時に自分がクロスに入っていくというのを意識していますし、逆にそれが直輝君になったらカットインもあるし、自分が縦に行ったら松尾が入ってくるというのを信じてやれるシーンを作れればと思ってやっています。

(左右は2人の間で変わっていいという感じだったのか)

今日はそうでしたね。

(途中でちょっと変わった?)

(残り 1103文字/全文: 1374文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ