浦レポ by 浦和フットボール通信

楠瀬直木監督「光は期待されていたが、3人が背負って選ばれたからよかったでは終わらず自信と誇りを持ってやってきて欲しい」【レディース2/9練習後のコメント】

楠瀬直木監督

(皇后杯決勝が終わり、短いオフを取ってチームは再始動したが)

来週からキャンプがあり、その準備の3日間なのでスタッフにはキャンプに向けて準備をしてくれと言ってあるので、少しプレーをして外れてなど調整している選手もいる。その中、梢と光が怪我をしたので、「私の(痛み)は怪我ではない」とみんながやってくれている。良い準備はしている。

(2人が抜けたことで新しい選手の力や戦術の構築も求められるが)

2人の怪我は、みんなショックだったが、決勝はしっかりできていた。いなくても大丈夫だという訳ではないが、他の選手らは、その穴を埋めるため100%以上の力を出して埋めようとしてくれている。もちろん痛いところはあるが逆にチャンスも出ていると思うので、みんなで頑張っていきたい。

(なでしこジャパンに3名の選手が選ばれたが)

(残り 207文字/全文: 564文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ