浦レポ by 浦和フットボール通信

宇賀神友弥選手ロングインタビュー(後編) 「心残りだった浦和レッズでリーグ優勝をすることを成し遂げる。そのために一年間のすべてを使いたい」

2021シーズンを最後に12シーズン戦った浦和レッズを退団して、FC岐阜でプレーをしていた宇賀神友弥選手。今季、電撃的に浦和レッズに2シーズンぶりに復帰を果たした。レッズを離れないといけなくなった時の想いから、引退をしようと思っていた所からオファーがきた今季、浦和レッズに戻ってきた一年で成し遂げたいこと、ヘグモ監督のサッカーについて、自分がやるべき役割などについて語ってもらった。

(interview by 河合貴子)

――このタイミングで宇賀神選手が戻ってきてくれたのはすごく嬉しかったです。

正直、色々な声があったと思いますよ。サッカーの世界でクビになるということは使えないという判断をされたからクビになっているわけだし、トップクラブがそういった選手で、この年齢の選手を戻すのは大きい決断だったと思います。

――浦和を今まで取材してきてもなかなかないケースではあります。

(残り 2567文字/全文: 2950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ