浦レポ by 浦和フットボール通信

前田直輝「自分のストロングポイントを出せる所までは持って行ってもらっているので、最後のクオリティーを上げたい」【沖縄キャンプ最終日/TM鳥栖戦後のコメント】

前田直輝選手

(コンビネーションやアタッキングサードまでボールを持っていく所だったり、形を出す所で手応えがあったのでは)

そこまでの過程は色々な人の助けもあって、自分のストロングポイントを出せる所まで持って行ってもらっているので、そこからのクオリティーは僕次第になってくるので、そこは自分で上げないといけないと思っています。少なからず色々な人に助けてもらいながらやれているので、良いコンビネーションが出来ていると思います。

(右サイドは酒井選手、伊藤選手とスムーズだと思うが、3人の連携はどうか)

僕があわせてもらっている感覚ですし、素晴らしい選手2人に囲まれていて、楽させてもらっていると思いますし、今日は右サイドから得点がなかったので、ゴールという所で結果を出したいと思いますし、そこは3人でもっと話し合いながら活性化できればと思います。

(名古屋戦は相手が5枚に構えて押し込んだ状態からどうするかだったが、今日は背後もあるし、手前もあるしと、やってきたことが出しやすい状況だったと思うが)

(残り 525文字/全文: 967文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ