浦レポ by 浦和フットボール通信

エカニット・パンヤ「自分の個人の能力をどれだけ監督に見てもらえるか、チームの仲間に認めてもらえるかという部分をやっていかないと、レギュラーメンバーは勝ち取れない」【沖縄キャンプ3日目午前練習後のコメント】

エカニット・パンヤ選手

(キャンプに参加してのスタートはやっぱり違いますか?)

そうですね、去年は夏から合流だったので、いろいろ自分のところもそうですけど、環境もそうですし、チームとの繋がりとか合わせるのは大変でしたけど、今年は去年やってきた分もあって、今年は頭からみんなと交流できたことが自分にとってもすごくいい働きになったと思いますし、今シーズンはできるだけ自分の力を引き出してチームの力になりたいと思います。

(昨年の中でも攻撃力を見せましたが、今年はさらにチームとしての攻撃力が求められると思うが)

去年は守備の方がメインだったと思いますけど、自分の中ではそういうに感じたんですけど、今年は明らかに攻撃的なサッカーを目指そうとしてるという中で、自分は攻撃的なポジションなので、より攻撃的な姿勢を見せなければいけないと思っていますし、そういうポジションでも楽しくやっていきたいと思ってます。

(直接、監督から求められたことはあるか)

今のところは1対1では、まだ話してないですけど、全体的な中では、そういう指示はあります。

(これから練習試合も4試合組まれますが、どのように仕上げていきたいか)

(残り 1443文字/全文: 1936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ