浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也「自分がチームに残せたものっていうのはこの大会で多くなかった もっと強くなって人々に喜びを与えられるような強い人間になりたい」【CWCアル・アハリ戦 選手コメント】

荻原拓也選手

(悔しい試合だったと思うが)

(1分ほど言葉が出ず)まずは本当にクラブの方、チームメート、監督、コーチングスタッフ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。その中で自分がチームに残せたものっていうのはこの大会で多くなかった、と思います。

(3試合できた。いいことも悔しいこともあった。どう生かしていきたいか)

(残り 98文字/全文: 253文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ