浦レポ by 浦和フットボール通信

酒井宏樹「今回は決して無理をしているわけではない ほぼ一年ぶりに痛みなくプレーすることができて、こんなに幸せなんだなというのを実感している」【CWCクラブ・レオン戦 選手コメント】

酒井宏樹選手

(大事な舞台で復帰となった。今の心境を)

そうですね、本当無事に終えたことが何よりですし、こんなにも痛みなくプレーすることが幸せなんだなというのを実感しています。1年ぶりに、ほぼ1年ぶりに痛みなくやれて、自分の動きってこうだよなと思いながらプレーしていました。

(11月頭に手術して、発表で全治3ヶ月というふうになっていたが、1ヶ月ちょっとで戻ってきた。この計画は自分では想定したのか)

やる前から自分でここに合わせることは決めていましたし、自分の体を信じたプラス、浦和のドクターに執刀してもらいましたし、浦和のPT(理学療法士)がずっと付き添ってやってくれていたので、1日も無駄にすることなく、要は、2ヶ月、3ヶ月って多分人によって違うと思いますけど、人が1日生活する分をもっと、自分が治療に割ければもっと短くなると信じていたので。こういう結果になったのかなと思います。

(結果が大事な舞台で1ー0で勝ち切った。チームのパフォーマンスは)

(残り 1479文字/全文: 1901文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ