浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也「最終的に自分のPK献上で敗北してしまったことは、強くしっかり責任を受け止めないといけない。今はその作業で頭がいっぱい」【ACLハノイ戦 選手コメント】

荻原拓也選手

(試合は負けてしまったが、試合が終わった後はどういう気持ちが大きいか)

うーん……。どう表現していいか分からないですね。うーん……。チームを勝たせようと思って90分プレーをしている中で、それと逆に振った時に言葉に出来ないような感情でいっぱいです……。まずは、今この結果に対して、自分が大きく関わってしまったというのは間違いないと思うし、試合通して後半は、特にチャンスをいつもより多く作ってプレーすることができた中で、勝利に持っていけなくて、最終的に自分のPK献上で敗北してしまったことは、強くしっかり責任を受け止めないとダメだなというか。今はその作業で頭がいっぱいです。

(左から右に移って、得点の所は狙いとしている所が出たか)

(残り 163文字/全文: 481文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ