浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作「ホーム最終戦でチームが勝てたことが本当に良かった 苦しい状況の中で、こういう勝ち方ができたのはポジティブになれた勝利だった」【ACL武漢戦 選手コメント】

西川周作選手

(ロッカーミールではカレーだったのか)

美味しそうですか?(笑)

(お蕎麦屋さんのカレーみたい)

確かにそうですね(笑)これを食べて次に向かいます。

(試合序盤はあまりピンチがなかったが)

展開的には、僕たちがボールを持てるじゃないかっていう予測の元で試合に入ったんですけど、ボールは握らせてもらえましたし、そこから背後は狙っていたんですけど、相手はミスマッチという所もありましたし、ポイントとなるのは、9番の選手の攻め残りのカウンターだったり、セットプレーは注意しないといけないと思いながら戦っていました。

(前半終わりに相手のラフプレーがあって、ピッチ内はヒートアップしていたが、西川選手の精神状態はどんな感じだったのか)

(残り 1371文字/全文: 1684文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ