浦レポ by 浦和フットボール通信

荻原拓也「最後まで勝ちを求めてやっていたが、結果がついてこなかった 勝利を届けられなかったことはすごい残念」【福岡戦 選手コメント】

荻原拓也選手

(ずっと別メニュが続いていたが、コンディションはどうだったか)

怪我も治って戻ってこれたので大丈夫です。ハムストリングを痛めていました。神戸戦も出たかったですけど、試合に出てもパフォーマンスを保証されるレベルじゃなかったので、できないと判断してやめましたけど、その代わり今日の福岡戦に戻ってくることが出来たので良かったです。

(展開的に、どのように見ながらアップをしていたか)

先制点のタイミングとかも含めて、いけるかなと。一発勝負でやったルヴァン決勝とはまた違った、お互いの色が出ていて、あまり負けるようなイメージはなかったかなと、見ていて思っていました。ただ自分が試合に入ってから、早いタイミングで2失点をした中で、最後、なんとかチャンスを作りながら、最後まで勝ちを求めてやってましたけど、結果がついてこなくて残念です。

(失点シーンは、直接関わっていないが、どうしていればと思ったか)

(残り 1641文字/全文: 2038文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ