浦レポ by 浦和フットボール通信

早川隼平「プロになって高いモチベーションで臨めたが、今日は本当にみんなに助けられたというのが今の印象」【名古屋戦 選手コメント】

早川隼平選手

(今日は短い時間の中で、かなりチームが厳しい中での投入だったがベンチからの指示をどのように受けて入ったのか)

監督からは相手の3センターバックの13番の所に行けと言われて入ったんですけど、中の選手からは、そこには出てから遅れて行ってくれと。行かなくていいぐらいの感じだったので、そこは選手の方を優先はした感じですね。

(そういう時はピッチ内を優先するみたいな決め事にはなっている?)

監督の狙いが全体としてあっても、選手が中で感じるものもあるので、宏樹君とかショルツが、臨機応変に変えている部分もあるので、そっちを聞くようにはしてます。もし、そこで監督の意見を通した時に単独行動になってしまうので、そこだけは絶対避けないといけないと思いながらプレーしています。

(それはピッチ内で共有できていれば問題ない?)

(残り 915文字/全文: 1271文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ