浦レポ by 浦和フットボール通信

マチェイ・スコルジャ監督「ACL決勝後は色々と試したいと言っていた、そのうちの1つがこの形。他にもアイディアはあるので、それもチェックしたい」【G大阪戦 監督コメント】

マチェイ・スコルジャ監督

こんばんは。まず本日の試合で先に失点したが、そこで諦めずに前を向いてプレーすることによって3点を取れた。それをうれしく思う。前半からゲームコントロールをしようとしたが、プレースピードが上がらずに決定機を作れなかった。相手のディフェンスラインの背後に抜ける動き、スペースを使う動きが少なかったのでそうなったのではないか。予想外のカウンターからのゴールで失点してしまった。その後に少しナーバスになってしまった。後半は非常に良かったと思う。アグレッシブに決意を持ってプレーすることで多くのゴールを取れた。3点目を取った後はボールを長くキープすることでゲームコントロールをしようとした。チームにとって難しい時期の中でメンバーを入れ替えながら戦い、サガン鳥栖戦の後に勝利できてよかった。

(興梠とリンセンの並びがやりにくそうに見えた)

(残り 438文字/全文: 811文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ