浦レポ by 浦和フットボール通信

酒井宏樹「日本のチームで獲れる最高のタイトルを獲れて誇らしい 準決勝までは周作君がキャプテンだったので二人で掲げたいと思った 」【ACL決勝第2戦アルヒラル戦 選手コメント】

酒井宏樹選手

(ACLタイトルを獲得してみてどうか)

言葉にあんま表せないですね。それぐらい目標にしてたものが現実になっている状況なので、しかもMVPのおまけ付きで、今からちょっと怖さすらありますけど(笑)

(足の状態は、怪我をしていて別メニューでしたけど、出来る状態だったのかなと。無理をしてたのか)

無理はしましたけど無謀ではなかったかなと思いました。サッカー選手は無理をすること多いので、誰かしら痛めていますし、ただ、怪我に関しては自分の責任なのでチームに迷惑かけることはできないですし、そこは冷静に判断しようのは監督ともドクターとも言ってましたね。やれる状況ですし、やりたいと思っていたので、結果やりましたし、本当にチームメートに助けられたというか、周りの選手には本当自分の分まで働いてくれてたので、そこは本当感謝したいです。あとずっと付きっ切りでやってくれたトレーナーさん達には本当に感謝してます。

(相手をマークする部分でも、今日大久保君と考えながらやっていて、危ない所は身体をはってブロックしたりとか、相手の対面の守り方はどう考えていたか)

(残り 1798文字/全文: 2270文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ