浦レポ by 浦和フットボール通信

西川周作「GKとしての変化は背後を守るスペースが多少広くなったこと」【沖縄キャンプ13日目午後練習後のコメント】

西川周作選手

ー攻めにかかった時はだいぶ前に人数をかけている

クロスの時に人数をかけて前に入っていくので、後ろは2センターバックとボランチ一枚が残っていて両サイドバックも高い位置に上がっていて、一枚のボランチはゴール前に入っていくという形をやっているので、昨年よりもクロスに対しての中の入りの人数は多くなっているのかなと感じているので、精度とかもはまれば、怖い存在になれるんじゃないかと思います。

ーだからこそGKとしてやるべきことは、共通する所と変わっている所はどこか

GKとしては背後を守るスペースが多少広くなったことだと思います。ゴール前での仕事は去年を継続しつつ、より丁寧にやることが自分のテーマではある。おのずと攻撃参加も2センターバックの間に入って、GKがさばくというシーンが今年は多くなると思うので、そこは練習でもみんなで合わせていけば問題ないかと思います。

ー逆に引き込んで、周作選手がキャッチした時にボールをキープすることだけを考えずに裏を狙うことはOKか

(残り 1518文字/全文: 1950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ