浦レポ by 浦和フットボール通信

伊藤敦樹「小さい頃から見てきて、日本のトップである長谷部さんと同じピッチに立てて嬉しかった」【フランクフルト戦後 選手コメント】

伊藤敦樹選手

―フランクフルトが相手で、ちょっと違うなと肌で感じた部分は

球際の強さ、寄席の速さ、あとは足が出てくるなと思いましたね。ルーズボールの寄せの早さだったり、一回見ていけるなと思っても寄せてくるスピードが違うので、そっちに基準をあわせていかないといけないと思いますし、そこの差は日本と海外の差ではあるのかなと思って、日頃のトレーニングから意識して取り組んでいきたいと感じました。

―その中でも自分もやれると思った所があったのでは

(残り 280文字/全文: 496文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ