浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督が横浜FM戦に向けて「浦和の未来に向けた良いゲームになるようにベストを尽くしたい」と語る 勝利のために必要なプレーとは

(Report by 河合貴子)

優勝にリーチをかけた横浜FMとの対戦

わずか勝ち点2差で横浜F・マリノスを追撃する川崎フロンターレの試合結果によるが、浦和レッズに勝利してホーム最終戦を有終の美を飾りJリーグ制覇を引き寄せたい横浜FMとの一戦を目前にして、リカルド・ロドリゲス監督は「相手の優勝を阻止したい考えは、私の中にはありません。今現在、優勝争いしているチームのホームで戦うことによって自分たちの立ち位置を計ることができるゲームだと思う。この試合で勝ち点3を獲れるゲームプランを考えながら挑みたい。自分たちが、シーズンの終盤でいかに良い状態で、良い雰囲気で挑んで、自分たちの最高のレベルを魅せながら勝利に繋げられるかというところに集中している」と話した。

そして「この試合が、浦和の未来に向けた良いゲームになるようにベストを尽くしたい」とリカルド監督は気合いを入れた。「未来に向けた」とは、若手に経験を積ますことや新たな戦術を試すという意味ではない。「未来に向けての投資は、複雑なテーマだ。私は常に、状態の良い選手の組み合わせでベストチームを作って今シーズンを戦ってきた。ベストなメンバーの組み合わせで行きたい」と話した。

(残り 1291文字/全文: 1800文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ