浦レポ by 浦和フットボール通信

手倉森監督「浦和には裏技を使わないといけない(笑)浦和サポーターの前でやってみたいという想いがかなった」

手倉森誠 監督

ー予告通り満員の埼スタでの試合となった

予告通りというか期待通りというか、選手達もJリーグのチームとやりたい。ホームスタジアムの浦和と、あのサポーターの前でやってみたいという話をしていたので、思いが伝わって良かったと思います。BGのクラブにとってはこれから先、この準々決勝がクラブの発展のために良い経験になると思うシチュエーションですね。

ー手倉森さんが作ったチームということで、日本にアピールする良い機会になるのでは

浦和のサポーターが少しでも嫌がってくれていればいいですが(笑)仙台での戦ったイメージがあると思うので、震災があった当時は、なかなか浦和には負けなかったということがあるし。浦和のリカルド監督もBGにいた監督だし、その縁もあって対戦ができれば、素晴らしい縁だなと思っていたし、リカルドは逆にBGのことを良く知っていると思うので。お互い大勝したからメンバーは変えないだろう?と言いながら駆け引きは始まってますけど(笑)

ー監督から見て浦和のイメージは

(残り 367文字/全文: 801文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ