浦レポ by 浦和フットボール通信

小幡コーチ「リンセンは怪我があって交代 アクシデントという形で指揮を執ったけれども、監督がいない中での責任は感じた」

小幡直嗣コーチ

前半に関しては上手くカウンターでいくつかチャンスを持っていけた。この試合を1つの勝負と考えれば、決定的な場面を決めていけるか。これからも苦しい試合はある。決めて勝てるか、決められて負けるかの差につながると思う。チャンスはあったと思うしシュート数が上回っている事実もあるが、チャンスの質を引き上げてかないといけない。ここまで調子が良いといわれていた中での試合だった。ゴール前の厚みを持たせようと選手は表現してくれたが、ここから一足飛びには変わらない。点をより取って、失点を少なくしないといけない。途中から入った選手、今まで出場機会のなかった選手がこれだけのレベルの相手に良いプレーをしてくれたのはポジティブ。チーム内の競争が高まれば良い。

ー指揮を執ったことへの思い

(残り 504文字/全文: 842文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ