浦レポ by 浦和フットボール通信

リカルド監督のご子息が小学校を卒業 監督の教育方針とは【こぼれ話】

(Report by 河合貴子)

ご子息が市内の小学校を卒業

卒業シーズンを迎え、様々な思いが交錯する春。リカルド・ロドリゲス監督も多忙ながらも2部練習の合間をぬって、ご子息の門出に駆けつけたのだ。そして嬉しそうな家族写真とメッセージを自身のInstagramに掲載した。そこには、自分の仕事の関係で連れて来たご子息が、どんな国でも適応し日本の小学校を卒業した喜びに溢れていた。

徳島時代に日本の小学校に通い始めたご子息。浦和の監督に就任したときに、インターナショナルスクールにするのか、日本の小学校にするのかと悩んだそうだ。「日本語も話すし、小学校は日本語で終わらせる方がいいのではないかと思った」とさいたま市内の小学校に通わす決断をした。

(残り 323文字/全文: 639文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ