浦レポ by 浦和フットボール通信

平野佑一が同じボランチの岩尾憲加入に対してポジティブな理由

(Report by 河合貴子)

ライバル岩尾選手の加入も、それも力にする

岩尾憲選手が浦和に加入するにあたり、「えっ!来ちゃうの!?かぶるやん」と正直に胸の内を明かした平野佑一選手。

ポジションも同じでプレースタイルも、ある意味似ているところもある。2人とも浦和の頭脳になれる選手である。平野選手の最初の反応もプロ世界ならではで、思わず納得してしまう。だが、平野選手のここからの気持ちの持って行き方や考え方が、非常にポジティブであった。

「長い目で見たら、この1年でサッカー人生が終わるわけではない。昔から、遠藤選手や長谷部選手や憲剛選手(中村選手)と名だたる選手を見てきた。水戸の時代に仲良くしていた先輩と岩尾さんがすごく仲良かったので、その先輩から岩尾さんの話を第三者的にずっと聞いていた。対戦もJ2のときにした。すごくうまいイメージがあった。そういう選手と関われるのは、貴重な1年だ」と話した。

(残り 903文字/全文: 1298文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ